NEWS & TOPICS

ポルシェ993カレラ ブラック 動画納車整備整備

 

 

ポルシェ993カレラ ブラック 動画納車整備整備

新オーナー決まりストックリストの詳細に書き込んでいた下記の内容を
現在進めています。
新オーナーが決まった時に試運転で少し気に成る所がありましたが.その個所は
写真で後日報告いたします。

売約後整備
タペットカバーガスケット交換 下部タペットカバー左右交換 チェーケースカバー交換 チェーンケースカバーガスケットセット交換 オイルテェンショナーガスケット交換 エンジンオイル交換 エンジンオイルフィルター交換 スパークプラグ交換 エアクリーナー交換 A/Cフィルター交換 フューエルフィルター交換

事前納車整備
フロントリアショック交換 フロントリアコイルスプリング純正と交換 ドライブシャフトブーツ左右内外交換 トータルアライメント調整

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

初売り全車911正規物クレヨンポルシェ 空冷全車リフトアップで下から撮影YouTubeサイト

 

中古ポルシェお規定破りのリフトアップ動画です。全車11台そのうち空冷8台全てリフトアップ動画を撮影しています

是非皆さんが今後色々なかたちでポルシェを手に入れられると思いますが.整備記録簿も大切な判断になりますが

一番大切なのは自分が乗る直前の空冷ポルシェの状態を解らないなりにも.自分の目で確認する事です

クレヨンではYouTubeと言う便利なツールが普及してリモート感覚で下回りを誰でも見れるようにして.雑誌.ネットなど様様な

情報が根絶している世の中をポルシェと出会って42年の頑固親父岡本がポルシェ買って乗るなら.ここまでは見たいそして

ここまでは整備し欲しいの基準で一台一台我が子の様にリフレッシュ整備をして.最終の試運転までして.お渡しするのがクレヨンポルシェです。

そんな.クレヨンポルシェを今回は全て正規輸入車 (ディーラー車)で空冷ポルシェタイプ911ナロー タイプ930 タイプ964 タイプ993と全モデルタイプ8台ご用意いたしました。

水冷ポルシェはスペシャルモデルの一級品を3台 状態 距離 装備の充実感 希少性 リセールまで考えて日本最安値と私が思えるプライスで販売します。

是非下記のクレヨンポルシェチャンネル登録して頂き 確りと見て頂き気に入った911がありましたらホームページのストックリストを検索して頂ければ事前の整備状況から新オーナーが決まってからの整備まで説明しています。

写真も出来るだけ多く見られるようにしています。

それらを全て確認して乗りたいクレヨンポルシェがあれば2021年1月4日来店お願いします

中古ポルシェはある意味世界に一台しか存在しないものですので.10時オープンですが早い者勝ちとなります。

初売りクレヨンポルシェの販売方法
1月4日朝10時オープンに来られた方優先 その後お電話11時からの対応での来店予約となります。
事前のメールなどでのご予約お問い合わせは一切お受けいたしません。
4日から5日までは 本気でクレヨンポルシェを乗りたい方だけでおこし下さい。
ポルシェ中古車=クレヨンポルシェはある意味世界に一台しか無い個体すべてクレヨンとの縁と思っています。
ボタン押して買えない物まだまだありますよ。

時代に逆行した販売方法ですがご理解宜しくお願いします。

初売り価格ですが 収得税が必要な911の3台を除いては.乗り出し価格を表示します
通常の価格は.車庫証明本人+納車場所クレヨン店頭の条件で
本体+消費税と諸費用(基本整備費用15万円消費税+登録ナンバー代5万円消費税+三月までの自動車税約24万円)検査の無い911は検査ライン費用5万円+重量税+自賠責保険+印紙代=約12万円

初売りに期間1月4日から1月15日までは上記の諸費用を全てお値引きの
初売りスペシャルプライス価格

初売り初日1月4日 ご契約でGoToクレヨンオリジナルメンテナンスクーポン
15万円プレゼント

オートローン実質1.9% 100回OK (頭金必要)500万円以上

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

 

https://www.youtube.com/channel/UC8Slp-HbUVWX32s9mPnpJIw

最終試運転 納車整備 73Sスポーツドライビング仕様~ストリート仕様変更

 

最終試運転 納車整備 73Sスポーツドライビング仕様~ストリート仕様変更
今年一年雨の鈴鹿 セントラル ハチ北ヒルクライムそして往復300キロの高速ツーリングなど十分にテスト走行を繰り返してきた73Sスポーツドライビング仕様。
新オーナーが決まり新オーナーが毎夜ガレージに入れたときのスタイリングを重視して.さらにワイディングを気持ちよく走れる仕様に大きく変更しての
試運転です

マフラーはセンターの二本出しをキャップをかぶせてノーマル仕様に変更しました. キャブセットも問題なくOK
ホイルを15インチにさらにタイヤを55に変更そのため新たに足回りを含む車高さ調整などおこないました。

クレヨンポルシェ試運転はお隣のガソスタで満タンから始めます。
ガソリンを入れるのもレーシングタンクを付けているのでフロントフードを開けてタンクに直接いれます。
まさにレーシンクカーの雰囲気ですね.これもまた日常と異なりOKです

エンジン発動もキーオン アクセルを三回パタパタそしてハンドスロットルを引きキーをひねる.こまめに乗っていると一回で火が入りますが.永く置いて有るとキャブなので三回ほど同じ事を繰り返すと火がはいります
そのごハンドスロットルで回転を調整しながらの暖機運転そして.エンジンの音を聞きながら油温を見てアイドリングが安定してからの走りだします。

ある意味この動作かクラシックレーシングポルシェの醍醐味.その日により
エンジンのご機嫌をうかがう♪
これらのエンジン火入れはYouTubeで。

そしていよい走り出す.最初は10分ぐらいはタイヤ ブレーキ ミッション
エンジンを足回りをナジマス。

そのごアクセルを踏みエンジンの調子を伺いながら加速.今日も軽くナローボディーを自分の頭に描いた速度域に持って行ってくれる(笑)
最新のポルシェには無いアナログのブレーキも軽く踏むと軽く効く強く踏むと強く効く.当たり前の事が自分の足の間隔とマッチしてくる.制御の無いブレーキの良さでもある.
ハンドルを切る。
タイヤが16から15に周回性は良くなるが高速の安定性は16には叶いませんが新オーナーはワイディングを重視のセットであればヒラヒラ感は15ですね. 特にミッションもクロスレシオでオーバーホール.デフも新品にノンスリを入れていますのでアクセルのオンとオフではっきりと挙動がことなるセットは慣れれば楽しい.

今の世の中フルフル装備フルフル制御のスポーツカーばかりの時代.それはそれで日々進化して.最新が最良で良いと思いますが?私はやはり.一生懸命働いた
大人のご褒美は全てがローテック機械式が好きです.

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

ポルシェ72S 日本&ヨーロッパ使用2.4メカポン基本動画 アイドリングと吹き上がり 動画

ポルシェ72S 日本&ヨーロッパ使用2.4メカポン基本動画 アイドリングと吹き上がり

近年クラシックポルシェの特にキャブ メカニカルポンプ装着の1975年までのエンジンの時様態の.判断が世の中では.こんな物の基準が解らなく成ってきたと思う今日この頃です
その為.こんな動画を作りました。良ければ見てください。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 1989年930最終アニバーサリー エンジン発動 エアフロも交換 

納車整備 1989年930最終アニバーサリー エンジン発動

クレヨンポルシェ納車整備でエンジンを腰上全てオーバーホールしました、今回はカムシャフトを昔の鋳造から鍛造の新品に交換、ロッカー類も全て新品で組み上げ、エンジン調整前で、この感じです。エンジン調整後を動画あげますので、お楽しみに。

納車整備 1989年930最終アニバーサリー クランキングテスト動画

納車整備 1989年930最終アニバーサリー クランキングテストです。
今回はカムシャフト及びロッカー回りも、新オーナーからの依頼で全て新品交換での、ガレージクレヨンオーナー頑固親父岡本もワクワクのクランキングテストです。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

動画整備 1989年930最終アニバーサリーと993タルガ納車整備での交換部品

動画整備 1989年930最終アニバーサリーと993タルガ納車整備での交換部品

先週の土曜日に新オーナーが決まり エンジンを下ろして整備と成り足回りブレーキオイルラインなど様々な部品をオーダーいれて本日からエンジンをエンジン台に装着して分解しています。

先日お渡しした993タルガ良い個体でしたがクレヨンポルシェとして乗って頂くにあたり.納車整備した時にエンジン関係の交換した部品の約80%を並べて見ました。(残り20%は機械加工屋さんにて処分のガイド&バルブ及び外した時に切れしてしまう.パッキン類などです。

このように空冷ポルシェを整備するには販売店のオーナーの基準で整備をするため交換する部品の点数も様々です。

空冷ポルシェオーナーを目指している方は過去の記録簿も大切な資料ですが
一番大切なのは今の様態を確りと販売店のオーナーに説明して頂き .なおかつ納車整備スケジュールを説明して頂くことです。

40年以上ポルシェに乗ってきましたが今後空冷ポルシェを乗るには色々な意味で覚悟が必要です。

ポルシェは一生懸命働いた大人のご褒美ですから. 買って後悔するのは悲しい事です。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

73Sと930SSターボルック 役得二台の贅沢な試運転

73Sと930SSターボルック 役得二台の贅沢な試運転

73Sカムシャフトを純正新品に交換して比叡山を登ってきました
3000回転から6000回転の間でキープしながらの。
少し私には難しいアクセルワークですが初めてこの73Sで比叡山を気持ちよく登れました。
最後のパンチと低回転は少しコツがいりますが.本来フラット6の2.4リッターに46のウェーバーキャブに変更ならベストなセットと成りました。

早い話が上手く乗れるかは腕次第と言う事ですね.今朝も通勤で乗りましたが
慣れてきましたね朝少し早く起きて確りと暖気運転して走らする徐々に癖が弱く感じてきました。

そして午前中里帰り整備で入庫の930SSターボルックメカニックが試運転後.私が確認の意味で試運転今回はタベット調整とエンジン調整の里帰り整備+アルファーの確認.エンジンの音も静かにエンジンにパンチが出ました。
これは下記の動画見てください.実は信号を出で2から5に間違えて入れましたが(笑) トルクがあるので平気で40キロ以下でもはしりますね(笑)

ポルシェ好きにはストレス解消?73S吹き上がり動画

ポルシェ好きにはストレス解消?73S吹き上がり動画

73Sエンジンを組み上げて走っていましたが.どうしてフィーリングが
気に入らなく.再度エンジンを分解してカムシャフトを純正新品に交換して
組み上げました。
頑固親父の納得のいく3000~6000回転のフィーリングが出ました♪

私は食堂のバカ息子なので美味しいご飯を幼い時から食べさせてもらったので
それが基準と成るのと同じで.(笑)
ポルシェを40年以上乗っていると良い時代の新車に近いポルシェを味わってきたので.整備にも終わりがあるようで無いですね.さらに良く成る事を求めてしまいます。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

学 納車整備993タルガ エンジン火入れオイル漏れチェック

学 納車整備993タルガ エンジン火入れオイル漏れチェック

納車整備で腰上オーバーホールが完成して.火入れとオイル漏れのチェックの動画です
昨日一度エンジンに火を入れてから一晩置いてオイル漏れのチェックをしながらのエンジンの発動です。

ガレージクレヨン頑固親父岡本