NEWS & TOPICS

比べて見ればポーラとアークティック リフレッシュ964 納車整備993 Wコーティング施工

比べて見ればポーラとアークティック リフレッシュ964 納車整備993 Wコーティング施工

リフレッシュ964と納車整備993タルガ共に下記のクレヨンお勧めの
オプションのWコーティングを施工しました。
タイプ964から1996年までのシルバーと言えばポーラシルバーです
1997年からタイプ993はアークテックシルバースタンダードカラーと成りました。
1997年は世界環境の問題から新車の塗られている塗料が水性に移行したのをきっかけと成りポルシェの色もかわりました。
そして 比べて見るとこの様にポーラよりアークティックより灰色に近い感じてすね。

オリジナルのWコーティングの施工です
クレヨンの強みの一つでもある自社内製である 上下圧送塗装ブースを使った
クレヨンポルシェの購入時に入るクレヨンお勧めのオプションです。

コーティング説明
他店には無い 2社のコーティング剤を使い仕上げるコーティングです。
最初は専用の洗剤で洗い流します。
塗装ブース内でエアーブローなどをして完全に水をふき取ります。 マスキングを施します。

ボディーの状態に合わせて 磨き込みいたします。
基本中古車で状態の良い物でも再度綺麗に磨きこむことによりコーティングを施工した時の仕上がりがここで大きく異なります

ホイルも確り クォーツの特徴とも言える硬度の硬いコーティングを吹きつける事により....ホイルダストが除去しやすくなります。

そしてクォーツガラスコーティングを専用のガンで吹きつけします(もはやクリアー塗装状態)次に遠赤外線で焼付け乾燥します。

Wコーティング名前の由来...
クォーツガラスコーティングはボディーに吹き付けて皮膜の硬度を上げますが 他のコーティング剤と比べると光沢に少し?の部分があります

クレヨンではボディーカラーに合わせて三種類のガラス系の光沢の良いコーティング剤を最後の写真で解るように手で施工していきます

再度乾燥、そしてブース内で一晩寝かし完成となります 。これらなの作業は新車でも最低二泊三日 中古車でボディーの状態によりそれ以上の日数をいただく事もありますので事前予約が必要です。 無料代車の用意もあります 他のコーティングで不満な方一度クレヨンオリジナルのWコーティングはいかがですか......

Wコーティングは他社で購入されたお車でも施工OKですよ。
新車で15万円~ 中古車18万円~ 税別

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

比べて見れば 74&75カレラ ヨーロッパ&日本仕様 その他の国?別物エンジン(その後のSエンジン)

比べて見れば 74&75カレラ ヨーロッパ&日本仕様 その他の国?別物エンジン(その後のSエンジン)

1973年ナローボディーの911からバトンを受けたタイプ930の
1974年と1975年のカレラの日本仕様とヨーロッパ仕様には
1973年の210馬力のRSのエンジンが積まれています
しかし残念ながら他の国の物は写真で解るようにKジェットロのUS74年では175馬力 75年のUSでは165馬力と成っています

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

アクセス数ナンバー1 比べて見れば 世界初?930SS カレラ ターボ ボデー

アクセス数ナンバー1 比べて見れば 世界初?930SS カレラ ターボ ボデー

一年に13枚のクレヨンカレンダーの写真を写しためています
クレヨンポルシェの中でも930SSのターボルックとカレラボディーの
共に外装ブラック 内装ブラックの個体がそろう事はありません。
里帰り整備ターボボディーとオイル交換のカレラボディーがガレージクレヨン前にそろいました。
ポルシェ博物館でもポルシェ専門誌でも今の時代にそろう事はない.奇跡のツーショットでは無いかと思います。

そこでターボボディーとカレラボディーと比べ見て前後フェンダーの違いが
あるのは皆さんもご存知ですが.フロントのバンパーしたフォグランプの有り無し。
さらに同じ年式の89年のカレラアニバーのフォグランプの写真を通してみました。
ターボボディーの2枚目の写真の物バンパーしたに独特のスチールをサイド両側に重ねて埋め込んでいます。

カレラボディー3枚目のはバンパー下にはフォグランプはありません.カレラはある意味ライトウェートにしているのか.出来るだけターボと異なりシンプルに見える初期の930のバンパー下にしたいるように私は感じます。

89年カレラクーペ4枚目の写真 皆さんが3.2カレラから採用された埋め込みタイプのフォグランプの取り付け形状です。

ポルシェに乗って41年の私も今回の外内装まで同じのカレラ ターボボディーがそろった光景は見たことはありませんでした。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

比べて見れば 74カレラ 84カレラ 10歳で  大好評企画

比べて見れば 74カレラ 84カレラ 10歳で  大好評企画

クレヨンのニュースサイトでも美味しいシリーズに続き.アクセス数が
多いのが.比べて見ればの企画です

ストックリストに掲載している84年930カレラ3.2と74年930カレラ 2.7との今回は外観でホイルなどと異なり簡単には戻せない所の二か所とエンジンルームの写真をアップしました。

外観はフロントバンパーしたのスカートの所のフォグランプの取り付けです
74カレラは当時オプション?でスカートに直接ステを取り付るタイプ。
(吊り下げ)
84カレラはフォグランプを写真で解るように埋め込みタイプ。

リアの三角窓
74カレラは写真で解るように開きます
84カレラははめ殺しです

エンジン
74カレラ(ヨーロッパ 日本仕様と一部の国)では73年RSと同じ2.7メカニカルポンプの吸気系のエンジン(USなど一部の国はKジェットロで73RSエンジンと異なります)
84カレラは3.2のLジェットロ。

10歳異なり乗り味は全くの別物です。

ポルシェの進化は年々良い意味でも悪い意味でとがったところを丸くして
乗りやすく多くのユーザーに楽しんでもらえる911を今も作り続けています。

ガレージクレヨン 頑固親父 岡本 孝

比べて見ればシリーズ.GT2 GT3

比べて見ればシリーズ.GT2 GT3
ポルシェで色 部品 その他色々と自分の中で同じとか.よく似ていると思っている事が沢山皆さんの中私の中ではありますが.いざ比べて見ると大きく異な事があります
先日の比べて見れば反響が大きかったので. 比べて見れば!思いついた時にシリーズとして.今後アップしていきます。
991GT2RSが綺麗綺麗メンテでに入庫していたのでクレヨンストックの中の991前期GT3CSが二台並べて見ていたら.GT3が一回り小さく見えたので比べて見ました.そしてロールゲージ形状もことなりますね!
ガレージクレヨン 頑固親父岡本