ARCHIVE

比べて見れば 9月30日 930 初代930カレラクランクケース 

くらべてみれば 9月30日 930 初代930カレラクランクケース

1974年からタイプ911ナローからアメリカの保安基準が厳しく成タイプ930に変わりました。
今日はそんな9月30日にちなんで930初代74カレラ(日本&EU)当時73RSと同じエンジンを積み込んだ2.7メカポンのエンジンのクランクケースのお話をします


写真の資料から73年のRSのエンジンは911/83そしてエンジン番号は6630001から6631549とななりますまる
74カレラ現在一年かけて修正したクランクケースのエンジンは911/83
で上記の73RSのエンジンと同じエンジンであることを証明できます。

エンジンナンバーは6640001から6641456と成ります
同じエンジンですがエンジンナンバーは73RSは1973年の3を使い663つまり73年の3で74年は4を使い番号を使い分けている事がわかります。


そして私が2.7のクランクケースを実は何個かあるうちの一番時様態の
良いケースを使用して今まで使っていたケースは1977年のUSのSエンジンの911/85でエンジンナンバーが6270001から6276041の中に入っているのでケースであることが解ります。

年式が新しく成るほど対策がされていき初代アルミケースからマグケースからアルミケースなどと変化していき最終的には空冷でも4.0リッターまで排気量を上げる事が出来ました(一般的には3.8)

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

クレヨンポルシェ 里帰り及び整備情報 930 964 993 996

クレヨンポルシェ 里帰り及び整備情報 930 964 993 996

納車整備待ち 930CS 納車整備964ミントオイル交換など終えて完了
964SS クラッチ交換その他整備外装リフレツシュ完成

里帰り整備 73タルガS エンジン調整一部部品まち 里帰り整備996GT3CS 本日午後からライン取得その後用品取り付け クイック整備996カレラ4S ドアレギュレター交換済み 993カレラ4S外装リフレツシュ+日常メンテ最終のWコーティング施工週末お渡し可能

74カレラ クランクケース交換エンジンフルオーバーホール計測終わり
仮組ここで一度終わり部品まちですので.頑張って納車整備始めます。