MAINTENANCE

納車整備 73Sスポーツドライビング仕様からストリート仕様変更 完成

納車整備 73Sスポーツドライビング仕様からストリート仕様変更 完成

近くのワインディングを気楽に楽しめ.見た目はクラシックレーシングポルシェの雰囲気が楽しめる一台に変更。

タイヤは16~基本の15アロイの足回りは低くのクラシックレーシング。
運転席助手席ともレーシングキックボードにアルミペダルとフロアーボード。

シートベルトは普段気楽に乗るため6点ベルトから964純正三点ベルトに交換.レーダー及びドラレコそしてアイホーンホルダーとUSBソケットとクラッシクな所には最新の機器との融合の一台に仕上がりました。

さらに今回の整備では最近ナローポルシェでは定番のペダルのオーバーホールをしました。

最終の試運転も終えていますが .その記事は後日報告いたします。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

本日も整備 997 993 綺麗綺麗 991 アウディーRS6 整備

整備
997GT3CSは本日車検取得で検査が切れているのでキャリアカーで
出発 993は事前納車のため部品発注
綺麗綺麗
991GT3は綺麗綺麗前の最終洗車 アウディーRS6綺麗綺麗
本日も沢山のお仕事に感謝。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

356 911 991部品がそろってきました。

356 911 991部品がそろってきました。

整備には多くの部品が必要に成ります
また最近ではレーダードライブレコーダーなどのアクセサリーの装着なども
納車までに頼まれることが多くあります。

356はフロントウィンカーレンズ左右とパッキン到着
356の燃料ポンプ世界欠品これは.さて再生するしか無いですね
(かなりの時間が必要です)
911の73Sスポーツドライビング仕様はシートベルトを純正の964RSのレッドベルトに変更細かボルトナット類全て純正でそろいました.流石ポルシェ!
991GT3は純正のアクセサリーも全てそろいました。
納車待ちの皆さん順番に作業いたしますので.しばらくお待ちください。
現在綺麗綺麗工場では991と911と作業しています。
整備工場では74とRSの作業しています。゜

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

Fenixプロテクションフィルム 新メーカーとタイアップ。スプレーラッピング及び剥がせる塗装がさらに進化. 綺麗綺麗工場

Fenixプロテクションフィルム 新メーカーとタイアップ。スプレーラッピング及び剥がせる塗装がさらに進化. 綺麗綺麗工場

マイアミブルー991GT3 確りとしたFenixプロテクションフィルム施工には技術と時が必要です。
約一週間施工がボディーの施工も終わり 磨きこみ作業にはいります。
一つ一つの工程に乾燥など行うため時間が必要ですが仕上がりと大きく異なります。
外したミラー&バンパーなどは 磨き込みもほぼほぼ終わり新車時の輝きに近い光沢が出てきました。

73Sのホイルも良い物を選んで磨きこみ作業も順調に進んでいます。
全て確りと時間をかけても綺麗な仕上がりをクレヨンでは求めています。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

二台のRS 納車整備996 整備リフレッシュ964

二台のRS 納車整備996 整備リフレッシュ964

永年クレヨンで管理している二台のRS同時に整備をこなします。
964RS足回りはお決まりのショックのオーバーホールとロアアームブッシュ交換 エンジン回りではアイドルバルブの洗浄 デスローターの交換(亀裂が入っているため)全油脂類の交換などに進めています。

996GT3RSはバッテリー上りがしやすく.クレヨンでは容量をカレラと同じ容量に変えていますが Cテックなどの対応がないとバッテリカーあがり.ついつい追い込みでエンジンを発動すると写真のICレギュレターとバッテリーに負荷がかかり交換がが必要と成ります。

空冷ポルシェ&スペシャルポルシェを乗り続けるには必ずメンテナンスがショップ内に無いと楽しく楽しめないスポーツカーに近年成ってきていまよ。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

完成報告 911 930 930 964 964 スタッフも頑張ってますよ

完成報告 911 930 930 964 964 スタッフも頑張ってますよ

何と1989年の当時の930限定車二台 クラブスポーツとアニバーサリー
二台とも明日お渡し。
964もミッションオーバーホール完成 火曜日お渡し
964ミッドナイト各部リフレツシュとレーダー取り付けなど七割完成。
73S ホイルリフレッシュ
スタッフそれぞれ持てる力をフルに出して頑張ってます。
SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ930クラブスポーツ

納車整備 ポルシェ930クラブスポーツ

元クレヨンポルシェ今回の整備は油脂類の全交換 フィルター類の全交換
タベット調整などと成っています。
永年クレヨン管理のナンバーワン930クーペ納車整備です。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

メカニックが育ててくれた。空冷ポルシェエンジン。マグクランク2.7メカポン フルオーバーホール

メカニックが育ててくれた。空冷ポルシェエンジン。マグクランク2.7メカポン フルオーバーホール

クレヨンのメカニックを育てて頂いたと思っている.空冷ポルシェエンジンは
私が永く乗っていた1974年の日本仕様73RSのエンジンと同じ.マグクランクケースを使用した2700㏄のメカニカルポンプ式のエンジンと私は思っています。
今回本来使用したいてオリジナルのクランクケースの再生を約一年かかり出来上がりオリジナルクランクケースに組み換えのフルオーバーホールをする事にしました。さてさて年内に完成出来れば良いのですがね。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備996GT3RS 綺麗綺麗964SS 修理ケーマン 993 ナロー事前納車

納車整備996GT3RS 綺麗綺麗964SS 修理ケーマン 993 ナロー事前納車

細かな繊細なある意味作業が続ていています。
996GT3RSフロントフードドライカーボンの補修です
この作業は手間暇おしまず.行うことが基本です

964SS フロントバンパー下アンダーカバーが劣化で変形と白く変色していたので交換しまた。
男前になりましたね.塗装が落ち着いたら今月末からWコーティング施工で完成。

ケーマンパワーステのオイルラインからのオイル漏れこれまたある意味RRポルシェ整備は911よりある意味手間がかかるところです。

993オイル漏れ本体からは漏れている様子がなく 洗った一晩おきますか。

ナロースポルトはエンジン調整です。

なかなか皆私もバタバタしている今日この頃です。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

9月6日 日曜日臨時休業 2003年ポルシェ996GT2CS 納車整備 ETCがNG

9月6日 日曜日臨時休業 2003年ポルシェ996GT2CS 納車整備 ETCがNG

クレヨンに入庫してから ウォーターポンプ サーモスタット
ベルト ICレギュレター アッパーホース左右 フロント右前ラジエター
ウオーターポンプホース エンジンコイル プラグなど交換。
シフトレバー メカニカルとウインカーレバーなども新品に交換 足回り ショック四本オーバーホール スプリング良い状態の物に交換 タイヤ交換してきてた個体。
最終の今回の納車整備ではブレーキパット ダンピングプレート 取り付けステーなど新品に交換 クラッチリターンスプリング交換 バッテリー交換 エンジン ミッションオイル交換 オイルフィルター交換 ブレーキフィールド交換など過去の事前納車整備と新オーナーが決まってからの整備を合わせる上記の整備と成りました。
今回ブレーキパットなどを交換したのでブレーキのあたりを付けるため先ほど高速道路を150キロ走りETC出口で何とバーが上がりません.基本私はETCを信用していないので(笑)ゆっくり通り向けるタイプなのでバーが上がらない事は.二年に一度ぐらいの割合で経験があります。
ETCも機械壊れる事がありますからね。 新品に交換ですね
新オーナーがクレヨンから高速で買いられる今回のGT2CS事前に解って良かったと思いました。
そのため クレヨンの試運転は高速道路を一度走るように私は心がけています
あと 足回りを以前リフレツシュしていたので足が座ってきたので再度アライメント調整ですね。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

9月6日 日曜日臨時休業 9月1日新たに気を引き締めて。納車整備

9月6日 日曜日臨時休業 9月1日新たに気を引き締めて。納車整備

クレヨンカレンダー九月のの写真356です♪
8月は過去最高の平均気温の為空冷ポルシェをあまり動かしたく無いです。
そんな8月は水冷スペシャルクレヨンポルシェのオーナーが決まりました
既に991GT3CSはお渡し出来ていますが.本国オーダーの部品の関係などから996GT2CSは今週あたりから納車整備を開始します。
996GT3RSは新オーナーの保管場所ガレージ関係から少しスローに納車整備となります。
997GTSの部品は国内にあるため納車整備に入る事が可能です。
ナロースポルトはポイントレスキットが海外から届いたので装着して.最終調整と成りますが.一つ直せばまた一つ気に成る所がありますね(笑)

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

あと少し1969年911T スポルト(元祖PDKシステム) 

あと少し1969年911T スポルト(元祖PDKシステム)

ガソリンをエンジン調整で使い切り給油です。

普通に乗れるまであと少しと成ってきました.純正IDAの当時物キャブは
ジェットの交換及びガス調整など念入り行い.再発動及びアイドリングも安定して.最終的に点火システムをフルリフレッシュして写真の高級部品(笑)

スポルトにシフトの下部分に取り付けられているシフトを動かすとスイッチが入りバキュウームでクラッチが切れてミッションのシフト.アップを可能にできる元祖PDKシステムです。
これらの正業は今はコンピューターで制御していますが.ポルシェ社はこの当時
このシステムを全てある意味アナログで行ってのがスポルトマチックです。

前回の動画では.少し小技を利かさないと走れませんでしたがかなり普通にはしれるようになりましたので.来週普通に走る元祖PDKシステムのスポルト動画アップしますのでお楽しみにお待ちください。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝