NEWS & TOPICS

試運転 納車整備オリジナルブック完成 ポルシェ981ボクスターS 

試運転 納車整備オリジナルブック完成 ポルシェ981ボクスターS

タイプ981Sの中でも6MTとS全体の1割日本に入っているかな?
そんなある意味希少なモデルです。
私は987シリーズはスパイダーPDKを新車手に入れて乗りタイプ981も2.7を新車でボディーからも今回の同じ色で乗っていました。

987時代から一回り大きく成ったタイプ981すべてがボクスター及び911シリーズも大きく変化したモデルと成る時代のポルシェ。

試運転2.7に比べると流石にトルクがあります.そして速いタイプ997カレラより加速も良いと思われます?
ボクスターは排気サウンドが911と異なりかなり運転しているとサウンドも大きく排気の抜ける音も綺麗に聞こえます。
自分が運転している真後ろにエンジンがあるためと思います。

ハンドリングに関してもアルミとスチールを使用したハイブリッドホディー
色々な所で軽量しているので987から比べると大きいのに軽快に感じます。

ブレーキも良く聞きますがここはタイプ911シリーズには叶わないかな?
コーナーリングに関しては同じ年代のタイプ991の方が限界位置は高いと思われますが.コーナーでの速い目の動きを気持ちよく走れるのはミッドシップの良い所です。
そのため高速コーナーではなくワイディングの方が向いているモデルです.
私が乗っていた981の2.7に比べるとSの3.4はトルクがあり山を登る時にはパワー不足感じる事はありませんね。

そんないろいな事がよみがえってきた今回の最終試運転今週末納車です。
水冷ポルシェなによりもACシステムが空冷時代と異なり体にも優しいですね。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備完成試運転 ポルシェ930カレラ3.2 前期 オリジナルブック完成

 

納車整備完成試運転 ポルシェ930カレラ3.2 前期 オリジナルブック完成

前期3.2カレラの915ミッションはバターにナイフを刺して動かす感じ良く言われてますね。
確かにそんな感じてすね.タイミングよく入ると気持ちの良いミッションで915のミッションをスコスコ入れて走るとポルシェ乗りと言われそうですね.
コツは1からは基本あまり回転を上げずに私はクラッチを切った時に一瞬あアクセルを踏み回転を合わして入りれます.これか一度決まると不思議とその日一日スコスコ入りますね.逆に一度と鈍らな入れてはじかれたり.押し込んでリすると一日スッキリしない感じですね.
そんなポルシェシンクロミッションのシンクロをフル交換のオーバーホールすました今回のカレラ.エンジンもカムハウハウジングまで分解さらにクラッチフルオーバーホールしているので全てが軽く車体全体が軽く感じますね.ショックを交換して既定のアライメント+Nマークミッシュラン交換のでハンドルも軽くなり.軽快有れた路面でもボディー揺れないですね.さらにG50に比べるとミッションがギャー比が異なり最高速は伸び無いですが加速は良いですね.
入庫した時にから.これも激変した一台ですね.リアの三角窓にクレヨンステッカーを張…..クレヨンポルシェ完成ですね♪
写真は納車前のガソリン満タンとオリジナルブックと試運転の様子です。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

納車整備 996GT3CS 試運転からの調整 

 

納車整備 996GT3CS 試運転からの調整

ブレーキパットを純正バジットに前後交換して昨晩天気の良い間に試運転をして来ました。
ブレーキ泣きは私の許容範囲でOKですが.クレヨンメカニックと午前中打ち合わせてO2センサー交のエンジン調整をする事にしました。

写真は昨晩の試運転と今朝のガソリン満タンからの02センサー交換風景です。
ガレージクレヨン 頑固親父岡本

73Sと930SSターボルック 役得二台の贅沢な試運転

73Sと930SSターボルック 役得二台の贅沢な試運転

73Sカムシャフトを純正新品に交換して比叡山を登ってきました
3000回転から6000回転の間でキープしながらの。
少し私には難しいアクセルワークですが初めてこの73Sで比叡山を気持ちよく登れました。
最後のパンチと低回転は少しコツがいりますが.本来フラット6の2.4リッターに46のウェーバーキャブに変更ならベストなセットと成りました。

早い話が上手く乗れるかは腕次第と言う事ですね.今朝も通勤で乗りましたが
慣れてきましたね朝少し早く起きて確りと暖気運転して走らする徐々に癖が弱く感じてきました。

そして午前中里帰り整備で入庫の930SSターボルックメカニックが試運転後.私が確認の意味で試運転今回はタベット調整とエンジン調整の里帰り整備+アルファーの確認.エンジンの音も静かにエンジンにパンチが出ました。
これは下記の動画見てください.実は信号を出で2から5に間違えて入れましたが(笑) トルクがあるので平気で40キロ以下でもはしりますね(笑)

クレヨンポルシェ日々試運転930と964 代わりばんこに乗ります。

クレヨンポルシェ日々試運転930と964 代わりばんこに乗ります。

クレヨンポルシェの整備や修理などで日々試運転わ繰り返しています

930はミッションシンクロ交換オーバーホール&エンジンはカムハウジングまでオーバーホール整備後試運転 。
964はタイヤ交換アライメント調整 エンジンオイル交換 ミッションオイル交換。
そんな二台.今日はたまたまクレヨンメカニックと二人で代わりばんこに乗り
それぞれの思ったことを言い進めていつきます。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

納車整備993カレラ ガソリン満タン試運転

納車整備993カレラ ガソリン満タン試運転

外装もストンガード及びパッキンの交換で佇まいも良く成り.Wコーティング
の施工もおわり.最終のガソリン満タンでの試運転となります。

クラッチもフルにオーバーホールしたので気持ちよく繋がります。
クラッチはワークは人それぞれ癖があるので.リセットしたのでアイドリングスタートからアクセルを踏まなくてもエンストも無く転がっていきます。

足回りも一段と良くなりましたね.クレヨンオリジナルのアライメント数値良いですね.最低限の突き上げて確りとしたロールからのコーナーの立ち上がりも
良く気持ちの良いあしになりました.

エンジンはリング及びガイド交換をしているので500キロから1000キロまでは慣らし運転になります。
かなりスムーズなエンジンになりました.一番に気がつくのが静かになりましたね.
ヘッドをフルオーバーホールしたので排気の切れが良いですね.気持ちの良いスロットルワークが楽しめますね。
クレヨンポルシェ完成♪

空冷ポルシェは特に手間暇かけないと本来の笑顔にしてくれる993の走りは成りませんよ。 空冷ポルシェの基準は中古ポルシェ販売店のオーナーの基準ですからね。本当にこんな物なのかそれが問題ですね。

ポルシェと出会って41年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

リフレッシュ整備ポルシェ964 エンジンヘッド綺麗綺麗

納車整備993ターボ 試運転 役得ですね♪

納車整備993ターボ 試運転 役得ですね♪

詳細及びニュースサイトで事前に報告していた ブレーキローター パット前後左右のマイナーパーツを含む全て交換.油脂類全て交換フィルター交換
車検ライン整備 ACのエバ エキパン タンク交換 エアーバックセンサー
交換 四輪アライメント調整など終えて.試運転となりました。

お隣のガソリンスタントで満タンそして試運転となりました.ブレーキは今回あたりを付けるのに高速道路を名神から新名神そして一般道を走り朝ドラスのスカーレットで有名な信楽まで走りました。
そしてローターとパットのあたりを付けてきました。
993ターボは快適で乗りやすいですねクラッチがパワークラッチなので足も疲れません.前回の整備でショック バネからタイヤに至るまで足回りを
リフレッシュしていたので丁度ショックが馴染みましたので一から車高調整をしてアライメントを取り直したので良い感じの乗り味で一段と乗りやすく成りました。
後はメンテナンスコーティング完成と成ります。

ガレージクレヨン頑固親父岡本 孝

納車整備964アマゾン 最終試運転  ガソリン満タンでトラブル発見

納車整備964アマゾン 最終試運転  ガソリン満タンでトラブル発見

お隣のガソスタで満タン給油して.二回目の試運転となります。
何とガソリン満タンでトラブル発見。
写真の解るようにガソリンタンクの燃料系ユニットが新品に交換されているの今回は交換しなくスルーしたのですが.前回誰かが.交換した物がパッキン不良かな?納める前で良かった…新品のパッキン在庫あったので交換して試運転です。
皆さんも 中古ポルシェ納車されるとき満タン納車してもらってくださいね。
特に製造から約四分の一世紀経過している事を忘れないで下さいね。

譲り受けた受けたときから約2ケ月エンジンの腰上オーバーホールから
ヘッドのフルオーバーホールさらに足回りフルリフレツシュさらにタイヤホイルまでとクレヨンポルシェ=私の乗りたいポルシェに成っているかの確認でも
あります。
走行が3.5万キロと少ないだけに手を入れなければいけないところも
ありましたが.中かなの仕上がりとなりました.エンジン関してはアイドリングなども安定してスムーズ動き静かなエンジンでブレーキタッチなども良く足の動きとのマッチングも良く今回のオーナーが求められていた足に成ったとの思います.エンジンは良いのですが流石にヘッドフルオーバーホールでガイドの打ち換えからピストンリングの交換をしているので3500回転での慣らし運転が約1000キロ走りオイル交換をしてからの全開走行となるためフラット6の3.6の美味しい所はお預けですが(笑) 1000キロ走られてWコーティング施工して頂いてピカピカで楽しめますね。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

納車整備930SS 試運転 

納車整備930SS 試運転

ガソリンスタントで満タンにして試運転そこでスイッチの確認をすると
ミラーの調整のスイッチの反応が少しわるく.接触不良.交換です

クラッチもフルにオーバーホールそしてバルタイト一から取り直し
タベット調整もしたので.入庫した時に比べるとスムーズなエンジンに成りました。
走る曲がる止まるポルシェを楽しむ基本の楽しみ方が全て軽く感じるのが
スピードスターとの良い所ですね。

991からは右ハンドルしか正規では入らないので悲しいですね
ポルシェ開発者がスペシャルなポルシェはおそらくコーナーウェートまで確りと考えて左ハンドルで設計しているので右にハンドルを持ってくると重量バランスさらにフロアーのペダルの位置なども異なると思うのですが?そんな事は私が考える事でもなく(笑)私の考えるのは今ハンドルを握っているクレヨンポルシェが私好みに成っているかですね。
部品をオーダーして再度試運転で納車ですね。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本