NEWS & TOPICS

試運転 ポルシェ991GT3ツーリング 前期後期はポルシェは同じ変更?

試運転 ポルシェ991GT3ツーリング 前期後期はポルシェは同じ変更?

今回の後期の991のツーリングに乗った感想。
私が当時おそらく日本で正規初期ロッドの996前期GT3乗っていて.その後発売された996後期GT3と乗り比べた時と同じ様な.今回は変化を感じられました。
後期の991GT3ツーリング当然前期にはMTの設定はありませんが エンジンボディー足回りなどは確かに良くなっています。
乗りやすく.かなり丸みを得た上記の996で感じた時と同じで乗りやすく成っています
外観も996の時と同じ感じで前期は少し良い意味での攻撃的で後期は控えめな印象です。
ともかくMTの良さは991カレラTを左のMTを乗っていたので同じ感じで
4.0と3.0ターボの差はありますがクラッチも過去のGT3から比べると
今回からはGT1クランクケースと異なり外形が変わっているので軽くする事ができたと思われます。
曲がる止まるミッションを変則するブレーキを踏む動作は過去で一番安定して素晴らしいです。。
これは997までと大きく異なるボディーフレームのハイブリッドボディーと
VW傘下になり全てのスポーツ部門の最高の知識を集めて作られている事と思われます。
過去のGT3系のミッションの中でも乗る前に心の準備のいらない気軽に楽しめる一台と思いました。

明日キャリアカーで私がお届けしますので新オーナーさん後36時間おまちください。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ996GT3RS 試運転 師匠911?

 

納車整備 ポルシェ996GT3RS 試運転 師匠911?

台風の前に試運転出来て良かったです。
空冷ポルシェに一番近いタイプ993RSと同じ制御のABSとパワーステアリングの装着しかない(リア制御PSM)無い。
ポルシェのドライビングの基本から学べる私のドライビングの師匠911でもあります。
そのため 乗る前には必ず深呼吸をしてから乗るほどです。
隣のスタントでガソリンを満タンにします.そもそも満タンしないとフロントの接地感がダイレクトにハンドルに伝わるのもこのRSの醍醐味です

正直ナジマシの運転の時にガソリンが空に近い状態だとフロントタイヤが正常な空気圧に成りにくく危険度がますからです.そしてフロントにガソリンを満タンにすると約100キロの荷重がかかるためフロントの入りも良く安定した.走りに成ります。
逆に空の状態だと軽い約10%ぐらいパワーが上がった車になるため.冷えている時にはかなり危険な状態になります。
さんな事を考えながら乗るのが.この996GT3RSです。
普段の倍の時間をかけてゆっくりとナジマシ運転します.特に初期のPCCBカーボンブレーキは冷えているときの効きが安定しにくため.尻労と温めます。
そのご一般道から少し高速をはしりましたが.交差点を曲がるのが少しハンドを切るだけで直角に曲がる感じで.これで先ず肝を冷やします
このハンドリングは993のRSで味わえません.そして高速運転ではロアアームの位置がGT3より大きく下げられているため低い速度では少し路面を状態が
ダイレクトにハンドルに伝わるため猫足状態に動くことがわかります。
高速道では逆に速度があがければ.あがるぼと安定していきます。
特に高速コーナーでは確りとアクセルをパーシャルに踏むと自分の描いたラインを狂いなく走ってくれます。
ともかく私の乗った73RS 964RS 993RS 996GT3RS
997GT3RS 991GT3RSの中では一番軽々と走ってくれます。
確かに サーキットを走ると最新のRSが一番速いのはあたりまえですよ。

日本ではRS系を手に入れられてもサーキットに行く人はほとんどおられなく
正直クレヨンでもサーキット走行をする人は私を含めて現在四にです
それを考えると996GT3RSは私の中では一番好きなRSでドライビングの師匠です。
最後にこれほどアクセルで車の挙動をダイレクトに味わえて.ハンドリングできる911ナンバーワンです。

全て納車整備及び試運転がおわりました。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ930クラブスポーツ  試運転  

納車整備 ポルシェ930クラブスポーツ  試運転

ご近所のガソスタで満タン各スイッチ類OK
いつもの道を何時ものように走ります。
永年クレヨン管理してきた930クラブスポーツ。
整備前と今回は大きく何かをする事も無くクレヨン的には.二年に一度の里帰り整備+アルファーてきな整備です。
タベット調整をする事でアクセルの付きが良くなりましたね.アクセルの付きが良いとコーナーリング及びブレーキなどの移行する捜査がスムーズに感じで気持ちの良いメリハリのある走りを感じる事ができました。
後はこれで元クレヨンポルシェだけにメンテナンスコーティング施工で完成と成ります。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ996GT2CS 最終試運転 高速道路ETC確認

納車整備 ポルシェ996GT2CS 最終試運転 高速道路ETC確認

ご近所でスタンドで明日江戸まで乗って帰られるので満タンにして試運転です。
前回の試運転でETCが出口で反応しないく.バーが上がらなかったので
新品に交換して再度京都東から大津まで高速を走り確認ました。
高速道路の合流では加速して少し驚きもありましたが.明日納車OKです

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ997GTS 試運転

納車整備 ポルシェ997GTS試運転

整備が終わりました.正直997GTS今まで販売したことが無く乗る機会が
ありませんでしたが.ポルシェ最終モデルは一言良いですね.完成された一台です。
カレラ カレラS カレラ4S NAモデル前期後期と特にタイプ997では前期と後期ではエンジンもミッションも大きく異なる事もありポルシェの歴史の中でも珍しいモデルでもあります。
そして何よりもワルターが最後の私の中では指揮棒を振り下ろしたと思われる一台てもあると思うのかRRの911の私の大好きクセがある走りをしてくれます。
特に今回の997GTSは別格に良いと私は個人的に思います。
(前オーナーのメンテナンスの良さ)
エンジンもカレラSとGT3との中間で扱いやすくレスポンスも良く気持ちが良いエンジです。
足回りに関してもノーマルでは物足りなくGT3ではハードで.これを乗ると
ある意味GT3は必要あるのかなと.感じるほどです。
いつものガソリンスタントで満タンにして.走りだすと入庫したときの上記の
内容がさらにアップですね兎も角走りが軽いエンジだけではなく全てが軽く感じます.そして何よりRRの癖はありますが.乗りやすく疲れない感じがします

ポルシェ社はある意味お金を出せばそれだけ多くの感動を与えてくれる
ビジネス上手ですね(笑)

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

9月6日 日曜日臨時休業 2003年ポルシェ996GT2CS 納車整備 ETCがNG

9月6日 日曜日臨時休業 2003年ポルシェ996GT2CS 納車整備 ETCがNG

クレヨンに入庫してから ウォーターポンプ サーモスタット
ベルト ICレギュレター アッパーホース左右 フロント右前ラジエター
ウオーターポンプホース エンジンコイル プラグなど交換。
シフトレバー メカニカルとウインカーレバーなども新品に交換 足回り ショック四本オーバーホール スプリング良い状態の物に交換 タイヤ交換してきてた個体。
最終の今回の納車整備ではブレーキパット ダンピングプレート 取り付けステーなど新品に交換 クラッチリターンスプリング交換 バッテリー交換 エンジン ミッションオイル交換 オイルフィルター交換 ブレーキフィールド交換など過去の事前納車整備と新オーナーが決まってからの整備を合わせる上記の整備と成りました。
今回ブレーキパットなどを交換したのでブレーキのあたりを付けるため先ほど高速道路を150キロ走りETC出口で何とバーが上がりません.基本私はETCを信用していないので(笑)ゆっくり通り向けるタイプなのでバーが上がらない事は.二年に一度ぐらいの割合で経験があります。
ETCも機械壊れる事がありますからね。 新品に交換ですね
新オーナーがクレヨンから高速で買いられる今回のGT2CS事前に解って良かったと思いました。
そのため クレヨンの試運転は高速道路を一度走るように私は心がけています
あと 足回りを以前リフレツシュしていたので足が座ってきたので再度アライメント調整ですね。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

入庫 販売します1969年911Tスポルト正規物(元祖PDKシステム)

入庫 販売します1969年911Tスポルト正規物(元祖PDKシステム)

エンジンフル  クラッチフル キャブレーター各オーバーホール。ミッション中古と積み替え.スポルトライン.フルワンオフ製作 前後左右ブレーキキャリパー&ブレーキローター&ブレーキパット 新品交換  燃料タンク及びフィルター新品交換
ブレーキマスター新品 機関の基本的な部分は上記の様にリフレッシュ
内装の一部リフレッシュして。内装の雰囲気からの外装の雰囲気にリフレッシュしました。
現在私が思っている8割程度仕上がりました。
最終で点火系をポイントレスに変更現在部品待ち.交換後最終のエンジン調整
フロントセクションを交換したためアライメント調整そして最後にシフトスポルトスイッチ交換と成れります。

オリジナルにコダワル方はエンジンもナロー前期のアルミケース交換【マグケースが修正不可能なため)交換など各部オリジナルと異なる部分があります
修復歴に関してもフロントセクションなどを交換などしている事などありますので.修復歴ありです。

クレヨンポルシェの本来のお飾りポルシェでは無く気持ちよく走れるスポルトな成っています。
トラブルを避けるため確りと見に来て頂き私の横で試乗もかのうです。
純粋にナロースのスポルトを当時の雰囲気で乗りたい方だけお願いします。
前回の動画は調整前で癖が強く乗りずらい場面がありましたが.調整が8割おわりスローに普通に走れる動画を見てください。

商談来店ご予約お電話お待ちしています。電話077-579-0009

近年海外でレストアされたナローが入ってきていますが.外装及び内装などは
ピカカビかで新車の様にレストレーションされています。

クラシックポルシェの特に1975年以前の911及び356は必ず高速走行をを含めて試乗してから判断されることをお勧めします。

価格は新車992カレラの一般的なオプションを装備した乗り出し価格です。

業者及び貿易関係及NG 基本ガレージクレヨンと供にポルシェライフを
楽しめる方の販売となります。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 2015年991GT3CS 試運転 

納車整備 2015年991GT3CS 試運転

納車整備が終わりました.
試運転です.お隣のガソリンスタンドで満タンこれがクレヨンポルシェの
ある意味お決まりです.ポルシェ納車されて一番に行くところ皆さんガソリンスタントですよね.それ少し寂しいかなと私は思うのとクラシックポルシェを扱っているので.ついついガソリンメーター壊れていないかなと思う気持ちからですかね。
専用のテスター及び機材もそろえる事ができて.昨年あたりからクレヨンでも取り扱いが増えてきているタイプ991系.そして今回はPDKオイルとフィルター交換をしたので.PDKのフィーリングが変化を確かめる意味でも楽しみな
試運転となりました。
やはりこの辺りは交換するとあきらかに.異なります.スタート時のGT3独特のミート感が良くなりました。
次にこのエンジンは比較的今までのGT系のエンジンの中で長く乗らないと
シリンダー内にオイルが滲み込むためプラグ汚れるので新品プラグと新品のイグニッションコイルをクレヨンては交換する事にしています。

そんな感じで試運転している.ポルシェは正直で何となくすべでがスムーズキビキビと走るGT3CSに成ったかな.鋭い加速 止まる 曲がるのメリハリが確りとした気がします。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 1989年930最終アニバーサリー 試運転 

納車整備 1989年930最終アニバーサリー 試運転

今回は私の中でもワクワク試運転です
エンジンは新オーナーの太っ腹で.カムシャフトを鍛造新品に交換とロッカー及びシャフトなども全て新品に交換。
クレヨンの納車整備で腰上で作業内容に含まれているピストンリング交換及び
エンジンヘッドフルオーバーホール.伝達系駆動系ではクラッチフルフルオーバーホールとドライブシャフトブーツ交換 足回りでは新品ラッキーにも手に入れられた当時のスポーツショックを交換 ブレーキでは四輪キャリパーからデスクからパット類全て新品のハブベアリングリア交換なさらに新オーナーがタイヤの山は十分にあるのですが私のお気に入りのNマークミッシュランに入れ替えての試運転。

今回関西圏の新オーナーのため.試運転かねて近々陸運局に名義変更に行ってきました。
クラッチ一言最高ですね.切れる入る軽いタッチ

ブレーキ尻労と踏みしろ.これは再度今回メカニックと私とで300キロ走りましたのでブレーキオイル交換で最終OKです

エンジンは慣らし運転で3100回転縛りで走りましたが静かでスムーズです。綺麗に回るエンジンです。上までは.まだ回せませんが.かなり振動が少なくモーターの様なスムーズさです。
カムとロッカー類で60万円私はお値打ちと思います。

足回りがまた良いですねこのビルシュタインのスポーツショックとミッシュランNマークの組み合わせ最高です. 特に930ではハンドルが重たいと思われている方はタイヤと足回りのセットでかなり軽くなります。
見た目も中々の車高低すぎず高すぎず.そして突き上げも少なくタイヤは路面にグリップしながら綺麗にボディーを守ってくれながらコーナーリングに直進安定性は最高です。

足回りの良さはもう一つそれは.ブレーキなんです. ローター キャリパー
パットなどを全て新品に交換しているためブレーキを踏んだ時にハンドルに嫌な感じが何一つ伝わりません.逆にタイヤ四本がどの様になっているハンドルに正確に伝えてくれます。

クーラー関係もエバからガス漏れで三点交換したので ファン4でファンと音がうるさいですが回すと気温35度以上のでも走っていれば汗をかきませんでした。

最終整備はエンジン ミッション ブレーキオイル交換 切るスイッチ バッテリー交換 ドラレコ及び電装品取り付け アライメント調整

ワイパーブレード交換 Wコーティング 室内断熱フイルム 今回納車整備+オプションの残り10%となりました。

 

ここまで手を入れた空冷ポルシェを乗れる人は幸せと思います。
普通はなかな難しい?1989年モデル31年前930の新車に近い状態の個体を乗っていた人がポルシェを販売しているなら良いのですが。
日本では貴重になって来ています
私頑固親父ももうすぐ62歳この感覚と感性を頑張ってクレヨン整備士及びクレヨンの整備協力店の整備士に伝える事が今の私の使命です。
雑誌やネットでは伝わらない本当のこんなものと言えることを伝えたいです。
次の世代にポルシェつなぐ。整備及びメンテナンスは永遠に続きます.

最後に今回の930をガレージクレヨンに譲って頂いた方に感謝です。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

過去のブログ約1万件に繋がります。ホームページの2003年から整備 入庫 ブログ約1万件がります。

過去のブログ約1万件に繋がります。ホームページの2003年から整備 入庫 ブログ約1万件がります。

先日までシステムトラブルで繋がらなく成っていました。改善されました。
ご迷惑をおかけしていました。

通信速度により約1万件のブルグのため最高3分程度かかる事もありますが.
正常に繋がりますので.過去のクレヨンポルシェの整備状況など確認出来ます。

これから中古車ポルシェのオーナーを目指している人は.是非.間違いの少ない中古ポルシェを手に入れる事の学びに成ると思います。
是非閲覧してください。順番にクリックして頂ければこれ誤字脱字脱文の文章ですが写真もありますので少しは学びに成ると思います。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

 

試運転 納車整備オリジナルブック完成 ポルシェ981ボクスターS 

試運転 納車整備オリジナルブック完成 ポルシェ981ボクスターS

タイプ981Sの中でも6MTとS全体の1割日本に入っているかな?
そんなある意味希少なモデルです。
私は987シリーズはスパイダーPDKを新車手に入れて乗りタイプ981も2.7を新車でボディーからも今回の同じ色で乗っていました。

987時代から一回り大きく成ったタイプ981すべてがボクスター及び911シリーズも大きく変化したモデルと成る時代のポルシェ。

試運転2.7に比べると流石にトルクがあります.そして速いタイプ997カレラより加速も良いと思われます?
ボクスターは排気サウンドが911と異なりかなり運転しているとサウンドも大きく排気の抜ける音も綺麗に聞こえます。
自分が運転している真後ろにエンジンがあるためと思います。

ハンドリングに関してもアルミとスチールを使用したハイブリッドホディー
色々な所で軽量しているので987から比べると大きいのに軽快に感じます。

ブレーキも良く聞きますがここはタイプ911シリーズには叶わないかな?
コーナーリングに関しては同じ年代のタイプ991の方が限界位置は高いと思われますが.コーナーでの速い目の動きを気持ちよく走れるのはミッドシップの良い所です。
そのため高速コーナーではなくワイディングの方が向いているモデルです.
私が乗っていた981の2.7に比べるとSの3.4はトルクがあり山を登る時にはパワー不足感じる事はありませんね。

そんないろいな事がよみがえってきた今回の最終試運転今週末納車です。
水冷ポルシェなによりもACシステムが空冷時代と異なり体にも優しいですね。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備完成試運転 ポルシェ930カレラ3.2 前期 オリジナルブック完成

 

納車整備完成試運転 ポルシェ930カレラ3.2 前期 オリジナルブック完成

前期3.2カレラの915ミッションはバターにナイフを刺して動かす感じ良く言われてますね。
確かにそんな感じてすね.タイミングよく入ると気持ちの良いミッションで915のミッションをスコスコ入れて走るとポルシェ乗りと言われそうですね.
コツは1からは基本あまり回転を上げずに私はクラッチを切った時に一瞬あアクセルを踏み回転を合わして入りれます.これか一度決まると不思議とその日一日スコスコ入りますね.逆に一度と鈍らな入れてはじかれたり.押し込んでリすると一日スッキリしない感じですね.
そんなポルシェシンクロミッションのシンクロをフル交換のオーバーホールすました今回のカレラ.エンジンもカムハウハウジングまで分解さらにクラッチフルオーバーホールしているので全てが軽く車体全体が軽く感じますね.ショックを交換して既定のアライメント+Nマークミッシュラン交換のでハンドルも軽くなり.軽快有れた路面でもボディー揺れないですね.さらにG50に比べるとミッションがギャー比が異なり最高速は伸び無いですが加速は良いですね.
入庫した時にから.これも激変した一台ですね.リアの三角窓にクレヨンステッカーを張…..クレヨンポルシェ完成ですね♪
写真は納車前のガソリン満タンとオリジナルブックと試運転の様子です。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本