ARCHIVE

ポルシェ911スポルト 最終試運転 オリジナル納車ブック完成 スポルト編追加

ポルシェ911スポルト 最終試運転 オリジナル納車ブック完成 スポルト編追加

1969年のスポルトマチック 何と本日31度911キャブレター車には
この気温は無理があります。
朝一のエンジン発動には問題を有りませんが
走り終えたらガソリンスタンドでガソリンを入れる時に一度エンジンをきるなら
リアフードを開けるのが絶対。
.
熱気がたまりパーコレーションを起こして アクセルペダルをいっぱいに踏み込みセルを長い目に回さないとガソリンが気化してします。

このスポルトはエンジンからミッションから足回りとブレーキ タイヤ 電気回ボディーなど手を入れてきた一台です。
製造から52年の私より約10歳ほど若いですが.これからも手を入れながら.永く乗れるようにスタッフと新オーナーさんとの二人三脚で歩みます

新オーナーさん何か緊急時にはは保険のレッカーサービスでクレヨンに送ってください。
今回の整備でタイヤを横浜のクラッシックタイヤに履き替えましたがナイスな乗り味でした。
ブレーキもキャリパー ローター パットなど新品に交換しているのでショート走り気気持ちの良いブレーキタッチで止まりますね。

気温20度までなら最高に気持ちの良い911スポルトてずよ。
30度超えたら空冷ポルシェは皆さん乗るのは控えてください。
宜しくお願いします。
(日本は湿度が高すぎです)

明日私がキャリアカーに載せい江戸に手渡しに行きますのでよろしくお願いします。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979
お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ991GT3 後期 ポルシェセンター引き取り高速試運転。

納車整備 ポルシェ991GT3 後期 ポルシェセンター引き取り高速試運転。

今回は私のスパイダーでお世話に成ったポルシェセンター京都は関西ナンバーワンの老舗のセンターにお願いしました。

正規物のGT3保証が残っているため保証継続点検=12カ月点検として頂きました
二年点検で交換指示出ているのがオイルエレメント以外では プラグ及びポーレンフィルターでした。 指示は出でいませんがブレーキオイルなど個人的に気に成るので交換をして頂きました。

ポルシェセンターから高速はひと区間ですが.ETCの確認作業も出来ます
後期は前期に比べて外観からと見受けられる角が取れた感じの乗り味で乗りやすく改善されていますがあくまでもそれは.低い速度での話でアクセルを踏むと羊の皮をかぶった狼となります!
ひと区間の高速を降りて一般道でも法廷速度が60キロと70キロのバイパスを走り一般道を走り.ご近所のガソリンスタンドで満タンにして.戻ってきました。

歴代のGT3のハンドルを幸運にも握る事が出来ている頑固親父です.996から991後期まで乗るたびに感動する911であることを今回の試運転でも感じました。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 ポルシェ991GT3 クラブスポーツパッケージ試運転

納車整備 ポルシェ991GT3 クラブスポーツパッケージ試運転

タイプ991ポイントを抑えた整備をすると.いくつかの部分が改善されます。
今回も試運転でも確認ができました。
前期のGT3やはりワクワクドキドキします.正直全開走行は中々できません(笑)
タイプ991からは本当によく曲がり良く止まります。
加速も何処まで加速するのかわからないぐらいの感じです
高速安定性も997より格段に良く成っています。
ガソリンを満タンにして.いつものテストコースを走りましたが.本当にワクワクドキドキの911でした。
後は .元クレヨンポルシェなので.メンテナンスコーティング施工で完成と成ります。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

試運転 ポルシェ964カレラ2 アマゾン納車整備完成

試運転 ポルシェ964カレラ2 アマゾン納車整備完成

ガレージクレヨンはポルシェでサーキットを走る人は私を含めて3人しかいてません。
その為販売するクレヨンポルシェは97%一般道 高速道路を気持ちよく笑顔にしてくれるポルシェを目指しています。

油脂類の交換などライン取得など全て終わり.最終の試運転と成ります
ガソリン満タンこれで今回のアマゾンに二回目となります。

私の頭の中にあるポルシェ964カレラ2Tipの乗り味の確認ですね
サーキットに走るわけでも無く高速を暴走するわけでも無く.高速道路を法定速度のプラスアルファーで追い越しそして巡行の時の気持ち良さ安定感。
一般道や山間では最低限での突き上げとエンジンフィーリング及び尻労としたハンドリングになどを確かめています。

ある意味一番大事なブレーキフィーリングそして左右のハンドリングの時の車の動きなど全て私の感性だけで.お渡ししています
今回も 分かりやすく一言で言うと私がこのまま北九州あたりまで.乗って行きたくなるクレヨンのポルシェタイプ964カレラ2Tipに成っていました。

製造から31年まだまだ細かな所を言い出すとチョコチョコ手を入れながらも
永く乗れる一台にリフレッシュできたと思います。
新おーなーさん これかはクレヨンと二人三脚でハンドルを握ると笑顔に成れる964ライフを作り上げて行きましょう。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

最終試運転で早咲き桜を通り抜けるポルシェ964SS

 

最終試運転で早咲き桜を通り抜けるポルシェ964SS

こんな日に964SS試運転最高な事をしています。
お隣のガソリンスタントで満タンそのご試運転足回りの仕上がりが良いので
快適で軽く気持ちよくはしりますね.ブレーキは新品に交換しているのであたりを付けるのに高速走行すこしはしりました。
良い感じですね ハンドリング.ブレーキ.エンジンおそらく新車の時より良い感じが出ています.兎も角すべてが軽い最高です。
こんなに日に964SS乗ると永遠に試運転していたい気分になります。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

明日納車 ポルシェ964カブリオ オリジナルブック完成 試運転

明日納車 ポルシェ964カブリオ オリジナルブック完成 試運転

ガレージクレヨンは中古ポルシェ屋さんですよ.ポルシェのメンテナンスショップと違いますので.勘違いしないで下さいね。

964カブリオも最終の試運転j.
クレヨンポルシェ納車の時のお隣のガソスタで満タンにしてからの試運転です
ガソリンを満タンにしてメーターの作動及び各スイッチ点検OK
最近ではなく成りましたが993の出たときは燃料タンク内のゲージ壊れる事が多くメーカー対策品が出ていたぐらいです。

明日江戸まで乗って帰られるので.試運転は高速を走り.信楽焼のタヌキで有名な信楽インターまで走りました。
足回り今回オーナーのコダワリで16純正から17純正が再販されたことで
タイヤとセットでのオプションを装着しての試運転ですが.乗り味も思っていたより良くタイヤを新品に交換したのである意味16インチより良い乗り味でした.これならクレヨンから約450キロ気持ちよく疲れなく江戸までOk
ブレーキも気持ち良いですねパットとローターのあたりも8割OKです。
帰り名古屋あたりで.ブレーキならしも終わるかな.

ポルシェのメンテナンスショップでもあまりしないポルシェ中古車販売店手はほぼほぼしない今回の納車整備でのブレーキ周り足回りなどリフトアップその他をクレヨン得意の整備を写真に撮りためて納車ブックも完成しました.明日はこれで新オーナーが江戸まで笑顔で帰って頂けると思います
新オーナー必ずETCを持って来てくださいね.新品のタイヤとホイルが高速の出入り口でこすらないてめにも.宜しく。 (忘れたら私のETCお貸ししますが)
ポルシェの中古車を購入される方は必ず中古車屋さんのオーナーに自分が購入するポルシェを試運転してもらいリフトアップなどしてもらい現状を聴き.どの様に整備をして納車整備をするか聞いてください。
ガレージクレヨンは中古ポルシェの納車整備が見えるを推進しています。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

最終試運転 ポルシェ993カレラ 6MT

 

最終試運転 ポルシェ993カレラ 6MT

新オーナーが決まってからニュースサイト及びYouTubeでアップしていた。
下記の整備+ベルト関係の部品の交換新オーナーの沢山のオプション装着など全て終わり完成試運転です

フロントブレーキローター左右 フロントブレーキパット左右 フロントパットセンサー左右 ダンピングプレート左右ワンセット
リアブレーキローター左右 リアブレーキパット左右 リアパットセンサー左右 リアダンピングプレート左右  ブレーキオイル ミッションオイル交換

毎度のガソリン満タンでの試運転
今年の初売りでは964クーペ 964カブリオ 993クーペTipそして今回の993MT車.車高も一番低く路面の時様態を尻労とハンドルに伝わり機敏な動きです。
ハンドルの機敏さは車高と=するところがあります。
確りと足が動いての話ですが。

高速の安定性は上記の中では一番ですね.山間を走るのもフロントの入りが゜一番良くリアが993からのトレーディングアーム装着の為964よりワンテンポ速くコーナーの立ち上がりでアクセルを入れられます。

こんかい上記のブレーキ関係を交換したので.新品のローター及びパットのコーティング剤が解ける油脂のオイルのにおいがしますが.私とメカニックがパットのあたりを約半分つけましたので.後は新オーナーが高速を走って帰られ帰宅されるときにはOKかなと思います。

来週納車です.時間があればYouTubeで930の様にオリジナル納車ブック紹介いたします。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

最終試運転 930カレラ3.2 前期 

 

最終試運転 930カレラ3.2 前期

Wコーティングが終わり.午前中は晴れを狙い試運転をしてきました。
スタンドでガソリンを満タン。
前回から大きく異なるのは新オーナーがオプションで頼まれたNマークミッシュランタイヤに交換した事が前回の試運転と大きく異なります。

930までのポルシェはトーションバーに成っているため.道路とつなぎ目及び路面の小さな凹凸及びホワイトラインなどタイヤが最初に感知して.ハンドルにつたわりお尻に伝わる感じがソフトに成り.乗りやすく成りました。
今回は特にダンロップからのミッシュランはノイズも少なく気持ちの良い走りに成っていました。
プレッシャースイッチを交換したのでプレッシャーメーターの上が方も正常になました。
シフトブッシュも交換しましたので良い感じです。
後はナンバー変更でお渡しと成ります。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

納車整備 初売り水冷スペシャルポルシェ3台 ポルシェセンターにお願いしました。

 

納車整備 初売り水冷スペシャルポルシェ3台 ポルシェセンターにお願いしました。

初売りの水冷スペシャルモデルはメーカー保証のついているツーリング。
ボディー関係の保証継続の後期GTS。
前期のGTS今回のポルシェセンター京都から出ているとため3台とも京都におねがいしまた。
ポルシェセンター京都さんとはクレヨンユーザーが1990年タイプ964カレラ2の新車を欲しいといわれてからの今年で33年のお付き合いと成ります。
いまでは関西では京都が一番の老舗となりました。
(経営者が変わっていない)

本日もGT3ツーリングが保証継続点検が終わりましたので.前期GTSを試運転がてら乗って入れ替えに行ってきました。
そしてタイカンをジックリとみながらツーリングを最終の試運転をして.ガソリンを満タンにして戻ってきました。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

ポルシェ993ブラック 納車整備後試運転 YouTube

ポルシェ993ブラック 納車整備後試運転 YouTube

993ブラック最終の納車整備を終えて試運転と成ります。
今回は後期991GTSが丸々三年の初検査と言うことでポルシェセンターキ京都さんに 持ち込むのに納車整備後の試乗かねて993と991GTSでやって来て高速の試運転YouTubeを取りました。

今年も貫いた 満タン納車 試運転997GT3CS 

今年も貫いた 満タン納車 試運転997GT3CS

さて今年の最終の手渡し納車と成った997GT3CS.コロナ禍で前年に比べて20%減と成ったので満タン納車は一瞬考えました.私の創業時から下記の事から貫きました。

自分が車やバイクなどを買って一番に行くところがショップの近隣のガソリンスタンド。
ガソリンの何処からいれるかどれだけはいるか?ハンドルを握る事すらドキドキしているのに正直ガソリンを入れる行為はかなり.ある意味ハードルが高と私は思っています。

そして何よりほとんどクレヨンポルシェで販売しているポルシェは今回の997GT3CSでも製造から12年経過しています。
996以前のクラシック認定ポルシェでは.ガソリンメーターの作動確認やガソリンのキャップのパッキンの?満タンにするとガソリンが漏れるなどトラブルを事前に確認する意味もあります。

話が.クレヨンポルシェの自慢話になりましたが(笑)
2020年〆の手渡し納車の997GT3CS試運転の感想を書きます
996からのGT3系が発売されて.今年で20年経過しています
水冷の進化はエンジンはほ同じです 大きく異なるのはボディーの合成からの
足回りなど強化からのブレーキ強化です

996に比べると高速走行及びコーナーリング安定度は増しています。
そして排気も996とことなりセンターマフラーに変更されて抜けの良いサウンドに成っています。

そして今回の997GT3CSはクラブスポーツでロールゲージが装着されているので合成はさらにアップしています。
そのため 日本の高速道路での最高速では渋滞がなければ全てのコーナーを法定速度で不安なく安定して走る事が可能です
山間のアップダウンでもボディーに不安なく叱りと足が動きドライビングスキルが良くなったと勘違いするほどです。
上記の内容を確認しながら試運転をしましたが.今回の997GT3CSはなんのエンジン ミッション ブレーキ 足回りなど全てクセの無い乗りやすい一台である事を確認できた.2020年クレヨンポルシェ〆の相応しい一台です。

2021年もコロナ禍影響も徐々になくなりますが.私は心を強く持ち創業から決めているクレヨンポルシェの私なりのルールを貫き.小さな事ですがガソリン満タン試運転を続けて行きたいと思います。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

初売りポルシェを含めて 朝から964 964 911 930試運転

初売りポルシェを含めて 朝から964 964 911 930試運転

昨晩から事前納車整備が八割終わった964を乗って?見つけながら朝から
アライメント調整に持って行きました.
?二か所一か所はヒューエルレギュラター 当たり前ですがハンドルセンターずれ.前後フロント2ミリ下げ リア2ミリアップ。

二台目はアライメント調整が終わった964を乗り?足回り私の求めていたこのタイプ964には最高の仕上がり。最高

三台目はメンテナンスで預りの911に乗りこれはタイヤを55から60に変更 そして車高をフロント&リアー10mm~15mmショックストロークが一番良く動くところに調整。

四台目は初売りの930を事前納車整備9割終わっり?を探す 一か所かな
プレッシャースイッチの関係。

整備して試運転これを繰り返しで出来るだけ心配の少ないクレヨンポルシェを
心がけています。
そんなクレヨンポルシェを手に入れたい方は1月4日店頭にお待ちしています。
伝えるのはハイテクで
ネット 動画  写真 文字。

手に入れるのは.アナログで
顔と顔をみてコミニケーション 乗り方 操り方 メンテナンス
私が40年以上ポルシェを乗り継い来て学んだ事をお伝えします。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝