NEWS & TOPICS

学 納車整備993タルガ オリジナルホイル綺麗綺麗

学 納車整備993タルガ オリジナルホイル綺麗綺麗

ポルシェの歴史の中でホイルのコダワリは過去の歴史の中でも
沢山あります。
アロイホイルが有名ですが同じ年式でもホイルのリム幅を変えたりしています
世界にはアロイホイルだけのコレクターいると言われています。

タイプ964からはアロイホイル(アロイ合金)と異なりアルミホイルに
変更されて964のRSではマグネシュームほいるが採用されたことは有名なはなしです。
964のターボ3.6から993はスピードラインのツービとスリービスホイルが特別なモデルには採用されてきました。
今回の993タルガは専用のスピードラインのツービスホイルが装着されていました。
私のポルシェに関する考え方は出来れば特に空冷は当時の赤煉瓦工場から出荷されたときの雰囲気にリフレッシュ出来れば良いかなが基本的な考えです
同じには正直私の力では無理なのでイメージ=雰囲気だけ手ですが。

今回の個体はクレヨンに入庫した時にはオリジナルホイルるでは無く社外品のホイルに装着されていたため.オリジナルのホイルをリフレッシュしました。

日本のホイルを専門にリフレツシュして頂ける所はあるのですが.今回はクレヨンスタッフ綺麗綺麗職人が弟子も入ったこともあり.コダワリノ詰まったリフレツシュ作業とななりました。

写真で写すとこれだけと作業と思われますが.約2週間の手間暇が詰まった
作業の一つです。

学 納車整備993タルガ エンジン火入れオイル漏れチェック

学 納車整備993タルガ エンジン火入れオイル漏れチェック

納車整備で腰上オーバーホールが完成して.火入れとオイル漏れのチェックの動画です
昨日一度エンジンに火を入れてから一晩置いてオイル漏れのチェックをしながらのエンジンの発動です。

ガレージクレヨン頑固親父岡本

学 納車整備 ポルシェ996GT3CS GT2持ち込み車高 アライメント調整

学 納車整備 ポルシェ996GT3CS GT2持ち込み車高 アライメント調整

足回りのショック及びブレーキのリフレッシュさらにタイヤまで交換終わりました。
新オーナーの乗られる環境を考えての車高調整とアライメント調整をするために クレヨンのストックリスト掲載しているGT2を持ち込み.車高を現物比べながら整備担当者と確り打ち合わせしています。
ここからは組み上げて座らして最終のアライメント調整となります。

私の試運転も今月中に出来るかな?

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

学 納車整備 ポルシェ996GT3CS 水回り

学 納車整備 ポルシェ996GT3CS 水回り

エンジンを冷やすのは クランクケースの中のオイルクーラーなどを水冷のラジエターなどを利用してオイルを冷やすなどのシステムがあります
ポルシェの空冷 水冷と言われるのは基本エンジンヘッドの熱を下げる冷やし方の事で911のタイプ996からはエンジンヘッドを水で冷やすシステムに変更されることで水冷911の始まりと成りました。
その為空冷には無かったエンジンヘッド からフロントラジエターを循環さすために今回のウォーターポンプとその温度を制御するためのサーモスタットを交換しました。 (水冷エンジンを守るための大切な部品)

ガレージクレヨン 頑固親父岡本

密に成らないイベント開催TOYOTIRES NCCR2020舞洲-滋賀 日程:2020年6月14日(日) ※雨天決行

密に成らないイベント開催TOYOTIRES NCCR2020舞洲-滋賀 日程:2020年6月14日(日) ※雨天決行

コース:大阪/舞洲⇔滋賀/高島
※SS:舞洲滑走路(リライアビリティランもしくはアクセル全開計測を選ぶ)+琵琶湖スポーツランド(リライアビリティラン)
内容:クラシックカーとエキサイティングカーによるラリーイベント
詳細:http://nccr.blog.jp/
参考映像:https://youtu.be/8bXgpn85_Q8

今回のイベントは3密に成らないように知恵をしぼり開催されます
今年初めてのNCCRとなり本来なら近年滋賀と福井で行っていましたが
環境と密をさけるために知恵をしほり大阪/舞洲⇔滋賀/高島の
初のコースとなりました。 そのため滋賀でお馴染みの 滋賀美味しい賞も
今回は少し形を変えて考えています。

参加締め切りなど6月5日となっています。 このニュースサイト見て参加してみたい方はガレージクレヨンにメールにてお問い合わせください。

写真は昨年の滋賀 福井NCCRです

普通の事を普通に出来る一歩を踏み出しす。ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝