ARCHIVE

納車整備993カレラ ドッキング&エンジンルーム

納車整備993カレラ ドッキング&エンジンルーム

クランクシールを交換してクラッチなどをフルに交換してエンジンとミッションをドッキングそしてベルトサンサー 及びベルト交換

空っぽのエンジンルーム内の整備燃料フィルター及びサウンドボードなどの
交換その他もろもろ.整備とは95年は964と993の混合的な所が沢山あるのでここでは書きませんが96年以降との整備と少しことなります。
02センサー?
オーバーホールしたショックを組み上げ.993はエンジン回り及び足回りを
交換した時には皆さんドライブシャフトブーツ交換してくださいね。
993からはリアがマルチリンクに変更されているため.通常の整備で
ドライブシャフトブーツ交換は時間のかかる整備代金の思わず出費になりますので。
クレヨンは修理ではなく無く整備の意味がこれから購入を考えられている方々のお役に立ち。
日本の空冷ポルシェの中古車販売もクオリティーが上がる事を願います。
このような整備をしても.直ぐに壊れ事もあり.不都合が出る事は多々あります。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本