ARCHIVE

学 納車整備996GT3CS 本日のクレヨン 

 

学 納車整備996GT3CS 本日のクレヨン

996GT3CS納車整備ではGW前に名古屋のエナペダルにオーバーホールを
だした純正ショックが戻ってきました。

ポルシェセンターから本国に在庫のあった73Sのカムシャフトも入庫して
私が解らないなりに 同時の純正と社外?と今回の純正を見比べて研究しています。 (ドイツ本国経済動いて来ましたね)

里帰り整備は 991カブリオと993カレラです。 二台とも今回は
ライン取得だけで行けます。 確り整備していますので。

整備工場は引き続き993タルガ納車整備
綺麗綺麗工場では.フェニックスのスプレーラッピングのカラーチェンジで
純正のクレヨンに塗り替えた被膜が完全効果したので磨きこみとWコーティング準備です。

今月も里帰り930 930SS 993の各オーナーさん受け入れ代車準備いたしてますので.入庫おまちしています。

学 納車整備 ポルシェ993タルガ 内面機 綺麗綺麗

学 納車整備 ポルシェ993タルガ 内面機 綺麗綺麗

ベッドのガイドを機械加工協力店に持ち込んでいる間に.分解した腰上の内面機などを綺麗綺麗にして精度を測り再使用する物と交換する物と判断していきます。
水平対向エンジンと直六エンジンの縦置きエンジンより消耗するガイド及び
ピストンリングなどは交換していきます。

エンジンの分解整備は組み手の考えと修理ならユーザーの予算があるため
例えば今回の腰上のオーバーホールでのスルーボルトのОリング交換をするだけなら.今クレヨンが行っている作業はせずに.極力分解しなく.ヘッドなどはそのままの状態で行うことがありますので.エンジンを分解する修理を行う時には
必ずプラス最低100万と言われたらプラス50万円はかかると思う方が利口な修理となりますので.注意してくたせさい。

基本ヘッドを純正部品を全て使いガイドの打ち換え バルブ交換
シートカット バルブシール交換だけでもプラス50万円は必要と成ります。

ガレージクレヨン 頑固親父岡本