ARCHIVE

お陰様で40周年 納車整備 1989年930最終アニバーサリー 車体 足 ブレーキ

お陰様で40周年 納車整備 1989年930最終アニバーサリー 車体 足 ブレーキ

フロントが回りの作業がおわり リアの足回りブレーキになります。
ここで現在930系を乗られている人に覚悟を決めて整備をしてほしいのですが リアのキャリパーも930も30年以上経過をしています。
保管状態 乗り方などで大きく異なりますが
キャリパーが正常に作動しなく.当然オーバーホールで対応しますが
ポルシェクラシック及びセンターではオーバーホールは基本しなく.新品対応に成ります。
今回の様に過去にクレヨンでオーバーホールしてオーバーホールの限界で出来ない状態ならクレヨンでも新品に交換する事にしています。

問題なのは キャリパー交換の時には デスクローター パット そして ベアリングなど新品に交換する事をお勧めしますその事でゆくゆく余分な出費を抑える事になります。
それとエンジンを下ろしている時に交換するのが エンジンルーム内にある
サウンドボードです。
ボディーにボンドで確りと止められているので整備スタッフが嫌がる作業の一つですがクレヨンでは塗装の綺麗綺麗職人が得意なので交換となります。
予定通り来週には車体の整備を90%完成さして.ダッシュボードをリフレッシュしてくれる協力店に持ち込みたいと思います。
SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝