ARCHIVE

YouTube 元F1ドライバー日本最速911操る佐藤公也と頑固親父岡本の対談.日本で一番最初にWウイッシュボーン911をサーキットでドライブした男

 

元F1ドライバー日本最速911操る佐藤公也と頑固親父岡本の対談.日本で一番最初にWウイッシュボーン911をサーキットでドライブした男

992のGT3が発表に成り.フロント足回りがWウイッシュボーンに成った991の最新のレーシンクカーを昨年からハンドルを握る元F1パイロット佐藤公也との対談が実現しまた。
あまりの楽しいお話で時間を忘れるほどの対談で前半と後半とのYouTube紹介となります。
後半では3月25日バンカディ鈴鹿開催のお楽しみを報告します。
まずは.前半を見てください。

ウィキペディアから佐藤公也

ジュニア ミドルフォーミュラ
4歳の頃よりカートレースを始める。1998年〜2002年には鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-K) に所属。高校進学時に渡英し、2006年よりフォーミュラ BMW UKへ2年間参戦。

2008年にはNISMOのオーディションに合格し、ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム (NDDP) の一員としてフォーミュラチャレンジ・ジャパン (FCJ) に参戦し、シリーズランキング2位を獲得。2009年には全日本F3選手権ナショナルクラスにステップアップし、チーム・ノバで2年間を戦う(2009年はシリーズ2位)。日産からSUPER GT GT300クラスのオファーを受けたが、ヨーロッパでフォーミュラレースを続ける事を選びNDDPを離れる[1]。

2011年にドイツのモトパーク・アカデミーからユーロF3に参戦し1勝。2012年には同チームよりドイツF3カップに参戦し、4勝してシリーズ3位を獲得。

2013年は元F1ドライバーの井上隆智穂がチームオーナーを務めるユーロノヴァよりAuto GPへ参戦[2]。前半戦3勝を挙げてチャンピオン争いを演じ、最終的に年間5勝・ランキング2位となった[3]。

2014年はカンポスレーシングよりGP2へ参戦しながら、並行してユーロノヴァよりAuto GPにも参戦した。GP2ではマシンセッティングに苦しみ、7位入賞1回に終わる。一方、2年目のAuto GPでは年間最多勝記録を更新する6勝を挙げ、自身のキャリア初となるシリーズチャンピオンを獲得した[4]。この階級のミドルフォーミュラにおいて、日本人ドライバーが欧州でチャンピオンとなったのも初めてだった。
F1
2013年7月、シルバーストンで行われたF1若手合同テストに参加し、ザウバーのマシンで走行した[5]。なお、このテスト機会のため資金難のザウバーへ25万ユーロを支払うと報道されたが[6]、佐藤側によると海外メディアが書きたてた誤報とのこと[1]。10月の日本GPではザウバーのリザーブドライバーに選ばれた。

SUPER GT​[編集]

2015年から国内レースに復帰し、Team JLOCよりSUPER GTのGT300クラスに参戦。マシンはランボルギーニのガヤルド・ウラカン。

2019年シーズンより、四年間所属したJLOCから、つちやエンジニアリングに移籍。マシンはトヨタ・86 MC

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝

里帰り整備 ポルシェ356A

里帰り整備 ポルシェ356A

オーナーが持ち込まれたコダワリ部品を里帰り整備に合わして交換
宇都宮から650キロ走られて入庫.356のエンジンも喜んでいるようのプラグの焼け方です。
ポルシェの原点356YouTube紹介したいぐらい当時の技術は凄いと思います
リアのドラムブレーキだけでも私には芸術品に見えます。

一生懸命働いた大人のご褒美。少しでも心配の少ないポルシェを目指します。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝