ARCHIVE

納車整備 ポルシェ996GT3RS 試運転 師匠911?

 

納車整備 ポルシェ996GT3RS 試運転 師匠911?

台風の前に試運転出来て良かったです。
空冷ポルシェに一番近いタイプ993RSと同じ制御のABSとパワーステアリングの装着しかない(リア制御PSM)無い。
ポルシェのドライビングの基本から学べる私のドライビングの師匠911でもあります。
そのため 乗る前には必ず深呼吸をしてから乗るほどです。
隣のスタントでガソリンを満タンにします.そもそも満タンしないとフロントの接地感がダイレクトにハンドルに伝わるのもこのRSの醍醐味です

正直ナジマシの運転の時にガソリンが空に近い状態だとフロントタイヤが正常な空気圧に成りにくく危険度がますからです.そしてフロントにガソリンを満タンにすると約100キロの荷重がかかるためフロントの入りも良く安定した.走りに成ります。
逆に空の状態だと軽い約10%ぐらいパワーが上がった車になるため.冷えている時にはかなり危険な状態になります。
さんな事を考えながら乗るのが.この996GT3RSです。
普段の倍の時間をかけてゆっくりとナジマシ運転します.特に初期のPCCBカーボンブレーキは冷えているときの効きが安定しにくため.尻労と温めます。
そのご一般道から少し高速をはしりましたが.交差点を曲がるのが少しハンドを切るだけで直角に曲がる感じで.これで先ず肝を冷やします
このハンドリングは993のRSで味わえません.そして高速運転ではロアアームの位置がGT3より大きく下げられているため低い速度では少し路面を状態が
ダイレクトにハンドルに伝わるため猫足状態に動くことがわかります。
高速道では逆に速度があがければ.あがるぼと安定していきます。
特に高速コーナーでは確りとアクセルをパーシャルに踏むと自分の描いたラインを狂いなく走ってくれます。
ともかく私の乗った73RS 964RS 993RS 996GT3RS
997GT3RS 991GT3RSの中では一番軽々と走ってくれます。
確かに サーキットを走ると最新のRSが一番速いのはあたりまえですよ。

日本ではRS系を手に入れられてもサーキットに行く人はほとんどおられなく
正直クレヨンでもサーキット走行をする人は私を含めて現在四にです
それを考えると996GT3RSは私の中では一番好きなRSでドライビングの師匠です。
最後にこれほどアクセルで車の挙動をダイレクトに味わえて.ハンドリングできる911ナンバーワンです。

全て納車整備及び試運転がおわりました。

SINCE1979 お陰様で創業40周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝